にったろぐ

漫画読んだり、靴の話だったり、ものづくりとか、たまには仕事とか、好きなことを好きなときに。

初めて靴を修理に出した

靴っていいよね。

30歳過ぎたあたりから、ちゃんとした靴が欲しくなって、でも知識無いから雑誌買って、いい靴持ってる人に聞いて、徐々に靴の知識を高めてきました。もともとジーパンとかのうんちくが大好きで、職人技とか好きで、靴を好きになるのもあっという間でした。とはいえ、いい靴ってホントに高いんですよ。安いスニーカーでも5年以上は履く物持ちの良さはあるんですが、いい靴買ってどこまで履けるんだろう?ってのは未知数だった。

でも、調べたり、聞いたりする中でみんな口をそろえて「一生もの」って言うんですよね。一生ものかー。じゃあ買いたいなと。30歳過ぎたあたりから、と言いつつ、初めていい靴買ったのは34歳くらい。

伊勢丹メンズ館の地下にある靴売り場で買ったトリッカーズのドレスシューズ。この頃は「いい靴=高い靴」だったので、できれば安く買いたい。なので、初売りに買いに行きました。ウィングチップメダリオンがある靴が欲しかったので、結構すんなり決まったトリッカーズ。50%オフで38,000円くらいした。(定価は76,000円くらい)正直、かなりドキドキして買ったのを覚えてます。(34歳なのに)

結果、いい靴を買うのは本当に正解

高い靴買ったから、悪く言いたくないのもあるけど(苦笑)、実際いい靴だなー、って。会社も基本的にカジュアルな格好なので、ドレスと言いつつも、トリッカーズはそこそこカジュアルでも似合う。かなり重宝してます。靴に関しては、これからもちょいちょい書いて行こうと思うんだけど、最初がトリッカーズで良かった。

良く靴のエントリを書く、この人のブログは本当に納得感ある。

そんなトリッカーズを修理に出しました

本題なんですが、今までかかとの減りやつま先の減りにはシューグーというスケーター御用達の靴修理グッズを使ってたんですが、だんだん埒が明かなくなってきて、これは修理に出したいなと。いろいろ靴修理ブログを読みあさり、いろいろな知識を吸収し、かつ行きやすいエリアをマッチングさせ、満を持して「ここだ!」というお店に行きました。
東京:目白・池袋の革靴修理、補修、クリーニングの専門店 | 靴修理工房glue

初めて持っていったのは、

  • トリッカーズ モールトン
  • チャーチ ライダー
  • クラークス デザートブーツ

の3足。

トリッカーズは、つま先ラバーと、トップリフトの交換。チャーチはつま先にビンテージスチールを付ける。クラークス(20年もの!)はオールソールで、ビブラム#100に変更
で、今日トリッカーズと、チャーチが戻ってきました。

なんでもっと早く修理に出さなかったんだろう

戻ってきた2足(クラークスはまだかかる)は、とても満足のいく仕上がりになっていて、すごくテンションあがりました。自分で直し直し履いていたのもいいんですが、最終的にはやっぱプロに頼むべきだな、って。

店長さんも本当にいい人で、今日も受取りにいくついでに、もう2足追加で依頼だしました。これはまた別途書きます。

1足目は、


ソールはダイナイトソールなんだけど、リフトはビブラム。こっちの方が固そうで、持ちが良さそうなので(笑

2足目は、


ビンテージスチール!これ超テンションあがる。早く履きたいな-。

ここ最近、靴修理ブログとか、instagramで靴修理職人のアカウントばっかフォローしてるんで、かなり耳年増な感じでしたが、靴が戻ってきたので、やっと自分の言葉で語れる(笑

あー、クラークスのオールソール早く戻ってこないかなー。超楽しみ。

2016年8月27日 記事追加