にったろぐ

漫画読んだり、靴の話だったり、ものづくりとか、たまには仕事とか、好きなことを好きなときに。

靴修理から2足目が戻ってきた&靴買った

何度も言うけど、職人すげー

修理に出してたトリッカーズが戻ってきました。


これさ、減ってるかかとを斜めにカットして、そこに斜め用の材料を貼り付けて削ってるんだけど、言うほど簡単じゃないと思うんだよね。すげーなー。この一ヶ月くらい、ひたすら靴の修理に関して調べてたから、かなり詳しくなったけど、やっぱり職人の腕が良さそうなとこがいいなと思ってここにしたんだけど、正解だった。

実際に、意思決定につながったのって、

  • たくさんのブログを読んで知識を得る
  • 価格帯を調べる(良心的な価格なのかどうか)
  • 事例の豊富さ
  • 職人の技術、その工房でひと通りの作業ができてるかどうか
  • センスの良さ、キャラクター(このあたりはブログの文章を見たり、店内写真見たり)
  • 家からの距離

あたりで決めたんだけど、改めて情報発信の大事さを知るよね。こういうなんだかんだニッチな業種とか、個人商店に近い商売におけるブログやソーシャルの有効性ってかなり実感値としてある。

で、靴好きな人って、うんちくとかディティール好きなんで、今回の件でかなり靴におけるキーワードを知ったので、必然的に検索リテラシーが上がる。そうなると、事例も多く、きちんと文章書いて、写真も多く使い、なんてところが「いいなー」ってなるわけですよ。うん。

デッドストックのアメリカ靴買った

靴修理屋さんが、委託でユーズドの靴を売ってて、そこで売ってた靴を買いました。


僕、靴のサイズ小さいんであんまりアメリカ靴って買わないんですよね。アメリカのものってサイズ大きめが多いので。ただ、この委託で売りにくる人が僕と同じサイズ感の人らしく、何足もいい感じの靴があった。超うれしい。その中で、年代もブランドもよくわからない靴を買いました。7,800円(税込み)。いやー、これいい買い物だなー。テンション上がった。

修理に出してる残りの靴は2足。クラークスのオールソールと、トリッカーズカントリーのトップリフトとハーフラバー、ビンテージスチール。超楽しみ!!