にったろぐ

漫画読んだり、靴の話だったり、ものづくりとか、たまには仕事とか、好きなことを好きなときに。

2020年に買ってよかったなー、って思うもの @2ten0

お題「#買って良かった2020」でブログを書いてみる

まあ僕が改めて書くまでもなく、今年はとても大変な1年でした。僕の子どもたち2人とも今年度受験生です。今年の4月にそれぞれ中学3年生、高校3年生に進学するときには学校は休校中だったし、世の中は自粛中やら緊急事態宣言やらで、なんだかてんやわんやでした。
自分のことよりも、子どもたちが「ちゃんと受験できるのかなー?」とか、「学校のイベントどうなるのかなー?」とか、そういう心配が多かったです。イベントだけで言うと、修学旅行とか文化祭とかそういうものは全部中止になっててかわいそうでした。今となっては受験まであと1ヶ月くらいなので悔いのないように頑張っていただきたい。

さて、お題の「#買って良かった2020」です。僕の職場でもリモートワーク化が進み、リモートワークを快適にするために会社から補助が出たりしました(ありがたや)。今年は旅行に行くこともできなかったので、なんか買い物が多かった気がします。
キリよく10個くらい「これは買ってよかったなー」ってものを書き出したいと思います。

1. テンピュールのクッション

僕が家で作業をするときは、何年前に買ったのかも覚えていない、割とチープめな椅子を使ってました。リモートワークで終日座るにはとても耐えられない。しかし、そんなに作業スペースが広いわけでもないので、いいクッションを買おう!となるのは必然でした。

これが座面のクッション

これが腰&背もたれ用のクッション

マジでこれ最高でした。僕のチープな椅子が心地よい長時間の作業にも耐えられる椅子になった。あえて問題を言えば、夏場は暑かった。背中にめっちゃ汗かく。

2. JBLウェアラブルネックスピーカー

これ、リモートワーク初期に大活躍しました(今は普通に音楽聴くスピーカー化してる)。未だにこれがいいとは思ってるんですが、やはり会話の中身が家族に丸聴こえになってしまう。家庭内情報セキュリティを意識して、その後はずっと普通のイヤホンマイクになってました。

でも、これかなりいいですよ。普通に家の中で音楽聴くのにもおすすめです。

3. i-O DATAのモニタ

まあ言わずもがな、ですよね。外付けモニタが1枚追加されると作業効率がアップします。これを購入した当時はとても小さいデスクを使ってたので、ギリギリ置けるサイズのものを購入しました。その小さいデスクにはモニターアームもつけられなかったので、モニタースタンドと併用して使ってます。

Amazonベーシック モニタースタンド LCD 高さ調節

Amazonベーシック モニタースタンド LCD 高さ調節

  • 発売日: 2018/03/26
  • メディア: Personal Computers
これがモニタスタンド。Amazon謹製

4. エアコンクリーニング用のブラシ

なんかね、夏場にエアコンからちょっと嫌な匂いがするわけですよ。あー、これはカビだなと。まあまあカビっぽいな、と。僕は昔ハウスクリーニングのアルバイトをしてたので、エアコンは自分でクリーニングしてました。この時も市販のスプレーを買ってだいたいきれいになったかなー、くらいまではきれいにしたんですが、匂いが改善しない。ああ、これはもっとしっかり掃除しないといけないな、ってことでこのブラシを購入しました。
(ハウスクリーニング頼めよ、って感じはするんですが)

便利でした

5. 小さいLED電球

我が家の廊下の小さい電球がしょっちゅう切れるんです。本当に何度も何度も、、なので、LED電球を買いましたよ。よくわかんないメーカーのものを。ダメそうなら、良さげなメーカーのものを買おうと心に決めて、まずは安かろう、を買いました。未だに不満はなく使えてます。

これね。4つ使ってます

6. Baseusのモニターライト

作業中の手元の明るさや、Zoomでの顔色も気になるお年頃なので、モニターライトを購入しました。似た感じでもっと高いBenQのライトもあったんですが、Amazonのレビューとかブログとか読んでたらこれで良さげだったので購入しました。とてもよい感じです。

かなり明るいし、金属の質感も高級感あっていい

7. 短いHDMIケーブル

この1年、自宅環境を揃えてる人たちのブログをたくさん目にしました。みんなケーブルをどうまとめるのか?をすごく工夫されてて共感できました。僕はそこまでこだわりきれなかったんですが、どうしたってHDMIケーブルの長さにイライラしてたので、最近やっと短いやつ買いました。さっさと買っとけばよかった。ケーブルはジャストの長さで細いのが正義です。

50cmって、家電量販店ではあまり見かけない

8. ISSEIKIのデスク

前述したんですが、部屋の作業スペースがそんなに広いわけではないので、しっかりした机を置くのは難しいかな、と思ってました。ちょうどいいサイズの机も探したんだけど、なかなか無かった。

条件はこんな感じ

  • 幅100cm〜105cm
  • 奥行き 60cm〜65cm
  • 引き出しあり
  • 天板はできれば無垢材

数ヶ月が経って、僕の検索リテラシーが高まったのか、発見できました。
store.isseiki.co.jp
めっちゃよい。これ、よく見たら子供用の学習机なんですよね(笑
ほぼ完璧な感じでテンション上がった。とても仕事しやすい机です。

9. eight tokyoのリーディンググラス(老眼鏡)

この1年、マジで老眼が進んだ(当方45歳男性)。仕事中は近視用のメガネをかけて、休日はコンタクトレンズを入れる生活なんですが、コンタクトレンズを入れると一気に老眼になる。スマホをちょっと遠くに離して見るようになった。100均の老眼鏡はやはりイケてないので、ちゃんとしたものを買おうと心に決めてポチッとな。

これを買いました

なかなかいい感じなのですが、若干鼻に負担がかかるフレームで、重さもあったので、長時間かけると鼻が痛い。また新しいものを探してみたいと思う。でも、手元の小さい文字とかよく見えるのは快適です。

10. AfterShokzの骨伝導イヤホンマイク OpenComm

実はこれ、今年買ってよかったものの滑り込みで、まだ実際には使ってないです。年末年始休暇に入ってから購入しました。JBLのネックスピーカー以降、iPhone純正っぽいイヤホンマイクを使ってたんですが、1日に8本〜10本のZoom会議とかあると終わりの頃には耳が痛い。普段音楽を聞くときにはカナル型のイヤホンを使ってるんだけど、話すには向かないし、これはこれでずっと聴いてると耳が圧迫される。

ヘッドセットもおすすめされたんだけど、ヘッドセットはどうしても髪にあとがつくのがイヤで買わなかった。骨伝導のイヤホンも良さげだったんだけど、マイク性能が、、とかいろいろウダウダ悩んでました。

そうしたら12月にこのイヤホンマイクが発売されてました!うれしい!!

すでに届いていて、使用感はなんとなくわかりました。年明けから仕事で使うの楽しみです。(間違いなく良いと思うので、買ってよかったに入れておきます)
僕はこのイヤホンについてまだレビュー書けないので、レビューを期待している人は先にこちらをお読みください。
e-earphone.blog

11. 三菱の衣類乾燥除湿機

キリ良く10個にしようと思ってたんだけど、11個めを思い出した。ウチはみんなアレルギー体質で、以前から洗濯物は室内干しがほとんどです。しかし、中高生の男子を2名抱えていると、それはそれは膨大な洗濯物が出ます。そんなにすぐ乾かないし、乾燥機をずっとつけっぱなしなのもいかがなものか、って感じで除湿乾燥機を探してました。
家電量販店に行ったり、レビューサイトをひたすら見続けて、三菱の製品に行き着きました。
kakaku.com

これ、めちゃくちゃいいですよ。タンクに水が溜まったのを確認すると、「すごっ!」って声出る。そのくらい一晩で水が溜まる。部屋干ししてるみなさんにおすすめです。ただ、割と音がする。僕の家はそもそもずっと扇風機つけっぱなしだったりしたので、そこまで気にはならないんですが、とはいえこの除湿乾燥機が動いてるときはそれなりに音がします。音の大きさを例えるのが難しいんですが、扇風機の強くらいかなあ?多分。

でも洗濯物めっちゃ乾きますよ。素晴らしい。

2021年が良い年になることを願って

なんでだかわからないんですが、誰かの買い物の記録「買ってよかったもの」とかって、読むの楽しいですよね。こんな1年だったので少しでも楽しい気持ちになれたらいいなと思って、自分がまず楽しむために書いてみました。

最後に、今年読んで最高だった漫画も貼っておきますね。みんなニヤニヤしながら読んだらいい。

(私的)パンクロック・アルバム・ベスト5

パンクロック・アルバムを5つ選ぶ

2020年、初めての投稿です。あけましておめでとうございます。
最近、パンクミュージック専門誌の「Bollocks」を購入したんですよ。存在は知っていたものの、特に購入まで至らなかった雑誌。でも50号記念号で、浅野忠信とくっきー(肉糞太郎)が表紙で気になったので購入しました。
diskunion.net

僕が高校生~20歳前後くらいに良く読んでいた「Doll」を彷彿とさせる内容で、良いか悪いかはなんとも言えないのですが、バンドのラインアップも当時とそんなに変わらないメンツが掲載されていてとても楽しく読めました。今回のBollocks内の「編集部座談会」を読むと、僕の感覚に違和感の無い内容が会話されていて、僕のような人がターゲットの一つなんだなと納得しました。

さて、このBollocksの中で、メインの特集として、「50人に聞く パンクロック・アルバム・ベスト5」が面白かったので、僕も書いてみたい。

1:THE BLUE HEARTS / THE BLUE HEARTS

THE BLUE HEARTS

THE BLUE HEARTS

2:NEVER MIND THE BOLLOCKS / SEX PISTOLS

NEVER MIND THE BOLLOCKS

NEVER MIND THE BOLLOCKS

  • アーティスト:SEX PISTOLS
  • 発売日: 2012/05/29
  • メディア: CD

3:NEVERMIND / NIRVANA

ネヴァーマインド(SHM-CD)

ネヴァーマインド(SHM-CD)

4:Dig That Groove Baby / TOY DOLLS

Dig That Groove Baby

Dig That Groove Baby

  • アーティスト:Toy Dolls
  • 発売日: 2007/05/15
  • メディア: CD

5:YOUNG AND PRETTY

YOUNG AND PRETTY

YOUNG AND PRETTY

これ、Bollocks内でもみんな言ってたけど、難しいですね(笑
なんとなく、小学校~高校くらいの多感な時期に出会ったアルバムをピックアップしてみました。ブルーハーツが2枚になっちゃった。まあしょうがない。当時はCDを友人から借りて、カセットテープのウォークマンで通学中に聴いてたなあ。

一つ一つは、だいたいこっちのエントリに書いてあるので、興味あったらどうぞ!
ni-ten0.hatenablog.com

僕は2019年も #ラーメン と #アイス を食べていました @2ten0

今年も美味しくラーメンとアイスをいただきました

写真は京都の本家 第一旭 たかばし本店。最高に美味しい。

今年はラーメン約60食、アイス約195個を食しました

さすがに健康を気にする年齢になってきたし、健康診断の結果こそほぼA判定とはいえ、着実に数字がイエローゾーンに近づいてきてる。そんな僕の心情を反映してか、ラーメンもアイスも個数が確実に減ってきている。
ここ数年の数字を振り返ってみよう。(めちゃくちゃ正確か、ってこともなく、大体このくらいだろうという数字です)

  • 2015年 ラーメン95食 / アイス270個
  • 2016年 ラーメン85食 / アイス270個
  • 2017年 ラーメン97食 / アイス290個
  • 2018年 ラーメン90食 / アイス235個
  • 2019年 ラーメン60食 / アイス195個

2017年をピークに減少傾向が著しい。理由としては大きく2つ。

  1. 2018年に転職して、会社の近所にラーメン屋が無いことと、乗り換えが無くなったので、途中下車でわざわざ食べなくなった。
  2. 健康診断の結果をそこそこ気にしはじめた

こんな感じです。

とはいえ、たくさん食べてることには違いないので、今年も美味しかったラーメンとアイスを振り返っていきたいと思います。

#麺をいただきます

板橋本町駅にある、慶次郎。いつも麺少なめか、麺半分で食べるんですが、とても美味しい。僕は二郎系をそんなに食べないんですが、ここは本当に美味しいので、来年もスキあらば食べていきたい。

池袋にある元祖めんたい煮こみつけ麺。めちゃ濃厚で美味しい。お店もきれいで、ゆったりしたスペースで快適。

神保町にある麺ダイニングととこ。完全に居酒屋な雰囲気なんですが、とても美味しいラーメンが食べられます。ラーメン大好き山形県民の愛するラーメンは流石に美味しい。

新宿エリアの代表格はやし田。流石の美味しさ。醤油ラーメンが好きなら行きましょう。ええ、行きましょう。

めっちゃくちゃ美味しかった。手打ち麺の素晴らしさよ。また行きたいなー。

最後は味噌ラーメン。さっぽろラーメン桑名おばあちゃんが一人で経営してるラーメン屋に、お孫さんが単身で上京してきて作ってるラーメン。そんな応援したくなるサイドストーリーもあるけど、とても美味しい味噌ラーメン。末永く美味しい味噌ラーメンを作っていって欲しい。

#アイスをいただきます

最近アイスはまとめてインスタにアップするスタイルが多いので、狙って写真をアップできない。興味あれば、もし、興味あればですよ?写真クリックしてリンク先のインスタも見てみてください。複数種類のアイスがアップされてますので。

やわもちシリーズ全部美味しい。

セブンプレミアムのタピオカミルクティーのアイス美味しい。

あ、またやわもちだ。このシリーズ本当に美味しい。

僕、ミニストップのソフトクリーム大好きなんですよね。みんな食べたほうがいい。

タピオカウーロンミルクティも美味しい。

アイスの実の「濃い」シリーズも全部美味しい。

今年はこの手のフローズンフルーツ的なシリーズをたくさん食べました。セブンプレミアムのやつや、イオンのトップバリューのやつとか。めっちゃ美味しい。

健康に気をつけながら来年も美味しくラーメンとアイスを食べたい

来年は令和2年らしい。昭和平成令和を3つの時代を生き抜いて、100年時代を満喫するためにも、健康に気をつけて好きなものを食べられる生活をしていくのが幸せな道の一つだと思うので頑張っていきたい。

みなさんも健康に気をつけて美味しいラーメンとアイスライフをおくってください。

3泊4日のハノイ旅行に行ってきた(やっぱりハノイが好き)

ハノイ通算6回目で、初めての「旅行」に行ってきました


2019年10月5日(土)〜2019年10月8日(火)のハノイ旅行記です。

2年くらい前にハノイが好きということをブログに書きました。

この時点でハノイ4回目(全部仕事)、その後も1度行ってるので、そこから1年半。初めて仕事ではなく、観光旅行でハノイに行くことを決意した。

もともと友人と台湾旅行に行こうと思っていたのだけど、航空券を調べていたらなんか台湾高い。航空券が高くなるロジックって未だによくわからないけど、高くなってる。香港の治安が悪くなったり、韓国との国交が良くなかったり、そういう背景からみんな台湾に行こうとしてるからなのか?釈然としないけども。

んじゃどこ行こうか?ってなったときに、何度も行ってるが、ゆっくり楽しんだことがないハノイに行って、ワイフにハノイの街を案内したくなった。「そうだ、ハノイに行こう」

ところで、みなさんは海外旅行ってどうやって予約してますか?航空券と、宿泊先を別々に予約したりしてますか?僕は昨年台湾に行った時も、一昨年カンボジアに行ったときも航空券と宿泊先を別々で予約してました。航空会社とhotels.com使ったり。
今回始めてExpediaでまとめて予約しました。結果、とても便利でした。

旅行に行くまでの前置きも若干長くなるけど、こういったことも備忘録として書いていきたいと思います。(すでに2週間前のことを細かく思い出せないが)

さて、航空券も宿も予約したら、次はスーツケースです。僕は基本的に最小限の荷物で旅行して、お土産なんてろくに買わずに帰ってくるのが常でした。今回は、ワイフとも話し合い、お土産買いたい。液体のお土産買いたい。ならば、機内持ち込みではなく、スーツケース買って預けようぜ!と。まあそりゃそうですよね。むしろ今までよく機内持ち込みのリュックだけで海外旅行に行ってたよね。

しかし、いざスーツケースを買おうと思うと、何をポイントに見ればいいか全然わからない。こういうわからないものって、インターネットには知見があるはず。ググったら超出てくるレビューサイト。さすがです。結果、レビューサイトいくつか見て、お店にも行って実物見て、余計に迷うようになって、まあこれでいっかってなったものをAmazonで買いました。はい。いつものパターンです。

これを買いました。ビックカメラの売り場で確認して、そのまま購入しようとしたら「スーツケースは取り寄せでです。現品を買う場合でも、値引きはございません」ってことだったので、じゃあAmazonで買おっかなと。

旅行の準備って、国内でも海外でも、毎回「本当にこれで大丈夫か?」ってなるけど、今回はスーツケースも買ったし、航空券も宿もOK。これはちゃんと旅行できるやつだ。あ、パスポート入れてない(危なかった)。

Wi-Fiの予約もあったな。今回もフォートラベル GLOBAL WiFiを使うことにした。超大容量プランが安くなってた。いつかSIMフリーの端末使って、海外に行く際はSIMを買うっていう旅行上級情強の人に私はなりたい。(多分なれない)

いざ出発(前置き終わり)

家から最寄り駅も遠いし、スーツケース大きいので、タクシーを予約しておきました。予約料かかるけど、JapanTaxiアプリ優秀。最近は朝呼んでもタクシー来ないので、しっかり予約しておいた。

5:00の早起きチャレンジにも成功して、羽田空港へゴー(眠い)。無事に羽田空港について、Wi-Fiもゲットし、いざハノイへ!


行きの機内食だけ写真撮ってた。

飛行機はANA NH857便だったので、映画観れる。行きの便では、「アリータ」を観ました。
その昔、銃夢という漫画があり、その漫画が原作の映画で、観たかった映画です。

入国と両替

無事にノイバイ空港に着きました。ベトナムは入国に際して書類書かなくていいのがいいよなー。書類書くパターンの入国は割といつも困る。ベトナムはそういうのがないので、普通に入国できます。

さて、両替ですね。滞在する上でその国のお金に替えるのですが、ハノイは空港で替えるのがおすすめです。両替所はレートで見ればいいのですが、手数料までしっかり確認するの難しいので、フィーリングで選びました。語学力と時間に余裕のある人はしっかり吟味してみてください。
今回の旅は日本円30,000円をベトナムドンに両替しました。


30,000円が6,423,000ドンになりました。ベトナムはコインが無く紙幣のみです。レートは0.00467。ランチが大体1食50,000ドン〜100,000ドンくらいなので、日本円にすると約233円〜約467円くらいです。これが今回の旅の基本の金額になります。

できる限りここでドンを細かくしておきましょう。50万ドン(約2,335円)とか大金なので、マジで使いづらいです。5万ドンとか10万ドンが多いと安心。めちゃかさばるけど。

空港を出て、30℃を超える気温を感じながらホテルの出迎えの運転手を探すと、手書きのプラカードを持った若者が出迎えてくれました。自分でタクシー捕まえたり、バスに乗るっていうのもあるんですが、ホテルのタクシーが安心です。Expediaの管理画面からメッセージ送っておきましょう。

1日目 美味しいフォーを食べる

ホテルについて、丁寧に説明を受けチェックイン。スタッフの印象はとてもよく、4日間気持ちよく過ごせました。
宿泊したホテルはBonsella Hotel

外出用の小さいバッグに荷物を詰め替えて街に出ました。ものすごい数のバイク、2人乗りは当たり前で、最大5人乗りのバイクも見かけることがあります。(5人乗り例:1. 足元に子供 2. 前抱っこで赤ちゃん 3. お父さん 4. 子供 5. お母さん)
ラクション、排気ガス、歩きづらい歩道、街の匂い、全てが4年前に初めて来た時と同じ。ああ、僕の好きな街がここにあります。

機内食って、なんか中途半端な時間に食べるじゃないですか?僕たちはお腹が減りました。ホテルにチェックインして街に出たのが14:00過ぎ。まずはランチを食べに行きます。絶対に最初に行くと決めてたのはフォーのお店「Pho Thin(フォーティン)」です。

ホテルから20分くらい歩いて店に行きました。Googleマップのアプリがあれば、大体の国では迷わずにどこでも行けます。Googleマップが無かった時代の旅行をもはや思い出せない。

店構えはこんな感じ。


これで60,000ドン(約280円)です。一般的なフォーが30,000ドンくらいなので、フォーとしては高価な部類ですが、これ本当に美味しいんですよ。これが食べたいってだけでハノイに行きたくなるレベル。ちょっと前に池袋にも出店したので、日本でも食べられるんですが、やはりこちらの店の方が美味しい。雰囲気含めてテンション上がります。書きながらすでに食べたい。

フォーを食べたあとは腹ごなしに散歩です。あまりの暑さに、ハノイ市内にどこでもあるカフェ「Highlands Coffee」でベトナムコーヒーを飲みました。僕今回で6回目のハノイなんですが、実はこれ飲んだことなかった。そんな過去の自分を激しく責めたい気持ちになるくらい美味しかった。今回の旅行で5回くらい飲みました。マジ最高。日本に出店してくれないかなあ。

とても美味しい。1杯29,000ドン(約135円)。

街の景色はこんな感じ。電線が半端なかったり、バイクが半端なかったり。

「映え」スポットのトレインストリートは確かにその雰囲気がすごかった。線路の脇にカフェってちょっと意味がわからない。っていうか、線路の上にテーブル出てるし。

でも、このトレインストリートに排除命令が出たみたいです。僕たちが行ってから数日後のこと。行けたのは運が良かったけど、なんか寂しいですね。

たくさん散歩して、ホテルの近所でフォーを食べて1日目終了。眠くて仕方なかったので、22:00前には就寝しました。

2日目 ひたすらに歩く

今回のホテルって、ホアンキエム湖のすぐそばで、旧市街のそば。このあたりは街の規模として大きくないのですが、それでも観光する人はタクシー乗ったりGrabバイク乗ったりします。でも、僕らは基本的にめちゃくちゃ歩きます。知らない街を歩くのが好きなのです。(BGM:遠くへ行きたい / さだまさし

2日目はこんな感じで歩きました。


チャンクオック寺


鎮武館



ホーチミン廟周辺(入ってない)




タンロン遺跡世界遺産


ランチはブンチャー。名店DacKimです。これで1人前100,000ドン(約467円)なので、他の店の倍くらいの金額なのかなあ。席につくと、新しい麺と野菜が「ドンッ!」って置かれます。肉と揚げ春巻きたっぷりで、とてもじゃないけど、完食できない(笑
何も注文しなければ必ずこのワンセットが自動で出てくるので、この仕組はすごく合理的。飲み物頼みたければ、店員さんに伝えてください。身振り手振りで大抵のことは通じます。

食後にエッグコーヒーを飲みに旅立つ。写真撮ってないけど、入り口見つけづらいし、店内のごちゃごちゃ感半端ないし、これぞ外国って感じの店。ハノイに行ったらぜひ行ってみて欲しい。すごく小さいイスとテーブルで、めちゃくちゃな相席で詰め込まれます(笑
ただ、エッグコーヒー美味しかったなあ。
CAFE GIANGのエッグコーヒー

散策しつつ、ホテルに帰り、ディナーとナイトマーケットに備える。金土日はナイトマーケットがあり、この日は日曜なので、行かねばなるまい。

ディナーは「マーガリン焼肉」。何度口に出してみても、違和感のある料理名。誰が最初にその日本名で呼んだのかは不明ですが、Googleマップで「マーガリン焼肉」って検索したら店の場所を教えてくれる。これ、めちゃくちゃ美味しいんですよ。前回のブログにも書いたのですが、本当に美味しい。ワイフにぜひ食べてもらいたかったので、行ってみましたが、やはり美味しい。マーガリン1パックが胃袋に収まる罪悪感はものすごいですが。


さて、ナイトマーケットです。台湾でもカンボジアでもナイトマーケットに行って思いましたが、基本的には「売ってるものは全部同じ」なんですよ。数種類の販売物をたくさんの店で売ってる。ただそれだけ。
Tシャツだったり、下着のような衣類から、スマホの周辺機器や、靴。なんだこれ、延々同じものがループしてるだけじゃん!って。でも、これが楽しい。不思議なもので、接触回数多いと最後のほうで買いたくなってくる(笑

特にハノイの旧市街は「同じものを売る通り(Street)」があるので、アジアにはそういう商慣習があるのかも。理由はわからないが、いつか詳しく知りたい。





ナイトマーケットの活気がとにかく楽しかった。


日曜の夜はホアンキエム湖の横も人がたくさん。

マッサージに行って就寝。この日も22:00過ぎに寝てる。早寝早起きって素敵。

3日目 初めてバスに乗る

僕たち夫婦は、旅行に行く前には紙のガイドブックを買います。なんだかんだガイドブックは紙の本が素晴らしい。特にことりっぷが好き。その本の中にも「陶器の村:バッチャン村」が紹介されてた。少しだけ遠出だけど、ぜひ行ってみたい。
3泊4日の中で世界遺産の「ハロン湾」に行こうとも思っていたのだけど、ちょっと遠い。僕は世界遺産大好きだけど、遺跡とか寺とかそういうものが好きなので、景色の素晴らしいハロン湾は今回は行くのをやめた。また次にハノイに行く口実に残しておきたい。

さて、バッチャン村へ行くバスですが、ロンビエンまでタクシーで行って、そこからバスに乗る。バス停に着いたはいいけど、全然乗り場がわからない。Grabバイクのおじさんが何人も声かけてくる。断ると「じゃあどこ行くんだよ?」って聞かれるから「バッチャン村」って言うと、「じゃあ乗り場はあっちだよ」って教えてくれる。いい人たち。


おかげで初めてのバスに乗れた。ハノイのバスは、運転手とチケット売り担当の2名が乗車していて、バスに乗るとチケット売りに来てくれる。料金は一律で7,000ドン(約32円)。バッチャン村は終点で、30分くらいかかるんだけど、約32円。すごく安い。

このあたりで、今回の旅で両替した6,423,000ドンという金額が重くのしかかる。全然使ってない。ベトナムドンは日本円に替えると極端にレート悪いので、使い切らないといけない。なのに、移動は徒歩だったり、バスだったり、二人で1食10万〜40万ドンくらいしか使ってない。夕飯を豪華に食べることにしないといけない。

さて、バッチャン村に着いた。陶器の村なので、どこもかしこも陶器を売ってる。平日月曜だったからか、観光客は全然いない。ハノイで働くお店の人は、デフォルトでスマホいじってるのですが、ご多分に漏れずここの人たちもそんな感じ。

何ていうか味のある村です。陶器を売っている通りよりも、ローカルの生活が見える感じの朝市をやっている通りの方が面白かった。途中で白い鉢巻をしているたくさんの人達に遭遇。ググったらお葬式か法事。よく見たらそこはお寺の横だった。





旧市街の街中よりはバイクが少なめだけど、クラクションの音はずっと聞こえる。「行くよ?曲がるよ?そこに誰かいる?」全ての挨拶や、小さな警鐘をクラクションというコミュニケーションで行う。

バスで街に戻り、ランチ。HighLands Coffeeでバインミー食べた。今回の旅は事前の予報では雨だったんだけど、ここまで晴れ。そして暑い。休憩しっかり取らないと熱中症になってしまう。

なので、ホテルを拠点に、何度も戻っては休み、散策に出てはホテルに戻るを繰り返した。

散策中、お土産を大きなスーパーマーケットで買いたいと思って、タクシー捕まえてビジネスエリアにある「Big C」というスーパーマーケットに行きました。
※写真は2年前のBigC
すごく大きいスーパーで、まあなんでも売ってる。ここでお土産のお菓子とかビールとか、しこたま買いました。

旧市街あたりから、高層ビルが立ち並ぶこのエリアに行くと、なんか同じ国とは思えない感じある。いろいろな顔があるよね。所詮旅行で知る世界なんて一面でしかなく、日本>東京>秋葉原 / 大手町 / 檜原村 のようにいろいろある。知ってる世界がすべてじゃないってのは気をつけないとなあ。

夕飯は「Pizza 4P's」で食事。ハノイホーチミンで何店舗もあるお店。サイバーエージェント出身の人が起業をして出店したらしい。

すごい人気の店でした。完全に食べ過ぎた。飲み物頼んで、全部で827,200ドン(約3,863円)。すごく豪華なものを食べた。

さて、この晩もマッサージに行こうと心に誓い、ゆるふわで適当でいいからホテルから近いマッサージ店を探した。目の前に現れた候補は2つ、1つは「アニョハセヨー、マッサー、マッサー、12$」って言ってる若い女性が店番のマッサージ店。もう1つは、控えめなお姉さんが「どう?」って感じで目くばせしてくるマッサージ屋。僕らは後者のお店に入りました。

ワイフの担当はそのお姉さん。僕の担当は、おそらくそのお姉さんのお父さんが登場施術着というかプロっぽい格好をしたヒトラーそっくり(ひげはない)のおじさま。施術内容がおじさんとお姉さんで全然違うので、途中から笑ってしまいそうで、こらえるのに大変だった。ワイフの施術をしたお姉さんはソフトタッチで、やや適当。僕の施術を担当したお父さんはめちゃくちゃプロ感あるけど、とにかく痛い指圧系。これは笑う。でも、お父さんに目で「痛いよ?」ってテレパシー送ると「え?マジで?」って感じで少し弱くしてくれる。結果として、ネタ感にあふれるけど、良い時間を過ごしました。

ホテルに帰る前に、サークルKに立ち寄り。このあたりのエリアはサークルKめっちゃあるので、コンビニがある安心感大事。僕らはサークルKを発見する度に「俺たちのサークルK」って言ってました。が、ここでプチ事件。

「日本円見せて詐欺」に引っかかりそうになった(未遂)。みなさん知ってますか?日本円見せて詐欺。
この方はタイでの被害ですが、いろいろググるとアジア多めで、各国手口はみんな一緒ですね。
yindeed.asia

僕が出会ったのは、

  • 場所はサークルKの店内
  • 自称ドバイ人に、「わさび味のお菓子を教えてくれ」と言われる
  • 教えてあげたら「今度ハネムーンで日本に行くんだと言い出す」※本当にいい人っぽいんだよなあ
  • 仲間参上「俺にもわさび味教えてよ」と、僕とワイフを分断
  • 「俺は隣のやつの弟なんだ」「旧札持ってるから、日本円見せてよ」って言われる
  • 僕が持ってないと言うと、「見せて見せて」としつこい
  • かばんに手を突っ込んでくる
  • ここで僕も初めて気がついて、怒って無視。
  • ワイフを呼んで事なきをえた

これ、怖いよね。何がどうって、これだけでその国の印象悪くなるし、不安になる。
みなさん気をつけてください。海外旅行でのトラブル(未遂)は初めてでした。タクシーで少しぼったくられたことがあるくらい。

まあでも、無事にホテルに帰り、就寝。いよいよ明日は最終日。名残惜しい。

4日目 雨のハノイ

いよいよ最終日です。ここで初めての雨。最後の朝は外に出て食事をしようと思い、「Pho Thinじゃね?」ってことで、朝からPho Thinに食べに行きました。あれだけの数のバイクがいると、雨の日ってどうなんだろう?って思ってたけど、やはりみなさん雨合羽(というか、ポンチョ)を着て走ってました。
これもいろんな種類があって、ビニール傘的なペラペラのものから、しっかりした素材のものまで。後ろが長めなのはリュック対応なのか、二人乗りの後ろの人をカバーできるものなのか?理由はいくつかあるんだろうけど、特徴的なフォルムで気になった。


そして、Pho Thinのフォー。最高にうまい。


食後は俺たちのHighLandsCoffee。最高にうまい。

最終日にして、ハノイの大教会の中に入った。誰もいなかったので、すごく静かで荘厳でした。


思い残すこともなく、いよいよ帰る。宿泊したホテルはホスピタリティー高くて、本当にいいスタッフでした。Expediaに感想書きたいと思います(書いた)。


ホテル手配の車で空港に移動し、空港では最後のドンを使うべくバーガーキングを食べました。6回のハノイ訪問のうち、4回くらい食べてる。


空港のHighLandsCoffeeでこの旅初めてのホットコーヒー(アイスの方が美味しい)

帰りの機内ではエンドゲームを観ました。
marvel.disney.co.jp
これは興行収入世界一になるわ。シリーズの観てない作品全部観たくなってきた。壮大すぎる。

無事に帰宅しました。子どもたちと、子どもたちを預かってくれた義両親に感謝です。
さて、次はどこにいこうかなー。



Instagramの写真貼っておきますね。(それぞれに10枚の写真をアップしてます)





おそらく平成最後のブログ更新なので、雑記を書いてみるの巻

2019年初エントリにして、平成最後のエントリ(多分)

道端の花。

最近思ってること

年始に今年の抱負とか書こうと思ってたら、なんか気づいたら春になってた。もう抱負とか言ってる場合でもないので、それは心の中で自分だけがわかるようにしておく。文章を書くという行為は割と好きで、2000年代初頭に誰も読んでないテキストサイトを運営してた頃からちょいちょい書いてた。去年も今年も、ことあることに「書こう」「書きたい」って思ってたんだけども、なんか僕のSNSにおけるタイムラインが、あまりにも意識高くnoteばかりアップされるもんだから、なんか萎えちゃってたんだよね。

いやまあ、自分のTLなんてのは、自分がフォローしてる人で構成されてるんだし、よくある「イヤなら読むな」問題なわけですよ。でも、僕が働いているインターネット業界は当たり前のように新しいサービスや流行のサービス、トレンドに乗りまくってなんぼなので、そりゃnote使うよね、と。なもんで、僕もnote書こうと思ったんですよね、せっかくだし。しっかり仕事のことで普段考えてることをアウトプットしようかなー、なんて。でもねー、なんかノらない。自分の衰えなのか、反骨精神なのか、そこに行くのがイケてないと思ってるのか、疲れてるのか。もうちょっと肩肘張らずに行きたいし、生きたい。なので、僕ははてブに雑記を書きます。

雑記とは

Googleで「雑記 意味」って検索したら1位に表示されたgoo辞書ではこう書いてあった。

いろいろな事柄を書きつけること。また、書きつけたもの。「身辺雑記」

なるほど。今日のエントリのタイトルに合ってる。いろいろな事柄を書いてみよう。

最近買ってよかったもの

これも年末に、「今年買ってよかったもの」なんつって、エントリしてみようと思ったものの筆が進まずに断念してた。でも3つだけ書いてみる。

その1 阪本高生堂 クックグリース

僕は昔から、整髪料ジプシーで、しょっちゅう買い替えてたんですよね。丸坊主だった中学生時代から、色気づいた高校生になり、初めて髪をセットすることを覚えた。時代は吉田栄作よろしく「センター分けサラサラヘア」の全盛時代。僕も多分にもれずセンター分けサラサラヘアでした。この頃はギャッツビーとか、ウーノのムースを使ってた覚えがあります。

僕の髪は多くて、太くて、固い。そしてめちゃくちゃ直毛。なので、できる髪型にバリエーションが少なく、パーマかけたりしてなんとかいろいろ遊んでました。がしかし、そんな僕の髪は、コンビニやドラッグストアで売ってる整髪料ではなんかしっくりこない。美容室でセットしてもらってる感じを再現できない。

そして、ここ数年で一気に加齢が進み、髪がやや細くなり、直毛にウェーブがかかってきた。今までのセオリーは一切通じなくなり、マジで困ってました。ジェルも、スプレーも、ワックスも、ポマードも、なんかダメ。

が、とうとう出会いました。僕の理想の整髪料。それがこれ。

マジでめちゃくちゃいい。40歳を超えた僕の髪に適度な艶を与え、1日過ごしても変わらぬ髪型を維持し、手ぐしで直せる。たまたま池袋のロフトで「見た目がいい」から手にとっただけのこのグリース。フィーリングって大事ですね。このグリースで毎日きっちり七三に分けてアップしてますよ。

その2 G-SHOCK GW-B5600

G-SHOCKって発売してから36年くらい経つみたいですね。昔からずーっと欲しかったんだけど、意外と買わなかった。ただ、去年発売したモデルがすごく好みで、やっとこさ購入。とても良かったです。買ったのはこのモデル。

うんちくは何もないけど、バンドがいつものG-SHOCKのバンドじゃなくて、なんて言うんだろう、「パチン」ってできるやつ。これが良かった。すごく軽いし、真っ黒でカッコいい。最近は毎日これをつけてます。

その3 モンベルのデイパック

会社に行くときは圧倒的にリュックがいい。世の中的にも一気に許容されてきて、電車の中ではみんなリュック背負ってる。スーツ着てる人でも違和感ないようなリュックもどんどん出てきた。とはいえ、僕は出勤時はトートバッグ派だったんですよね。レザーのトートバッグが好きで、自分で作ってたからそれを使ってた。

でも、やっぱりリュック楽だよなー、ってたまに背負ったリュックで強く思ってて、久しぶりに探し始めた。条件は下記の3つ。

  1. 小さめ
  2. シンプル
  3. MacBookの収納スペースがある

です。

まあ通勤に困ってたわけではないので、買い物に行く度にウィンドウショッピングがてら、だらだらと探し続けてました。そして出会ったモンベルのデイパック。
これの黒です。マジ最高。

僕が普段荷物少ないのと、身体が小さいのでこれは本当にドンピシャでした。毎日背負って通勤してます。真夏で背中に汗かくまではこれで行こうと思います。

仕事の話


昨年10月に転職したんですよ。実は(ってほどではなく、すでに半年経過してます)。現在43歳で4社目。僕のブログを読んでいただいてる方はどんな属性の方が読んでいただいているかわかりませんが、世間のマジョリティから見ればこの転職回数は多いのか、僕のような業界にいる人から見ればまあ普通だよね、なのか。幸いにも、僕は職場や人間関係には恵まれてきてるなー、って思ってて、みなさんこれからもよろしくお願いします。しっかり持ち場を頑張りたいと思います。とりあえず、来週の社員旅行が楽しみなのです。

漫画の話

相変わらず漫画が好きです。漫画喫茶に行く機会が最近は少ないので、あまり新しい情報はないんだけど、最近「ハイスコアガール」が完結したんですよ。

これ、最終巻。
なんかもうね、43歳のおっさんがこんなにキュンキュンしていいのかな、って思いますよね。これは名作だなー。よくある「10巻以内で完結する漫画教えろください」的なまとめで、絶対に入ってくるよね。っていうか、一気読みしてください。よろしくお願いします。

あとはちょうど今日ジャンプ+で連載されてた「ロッキンユー!!!」が急に終わった。1ヶ月前の僕のツイートの気持ちのやり場が無くなった。

平成最後!平成最後!

あらゆる人が言ってると思うけど、これだけ平成最後って盛り上がれるのは、天皇崩御されたから時代が変わるということではなく、事前に告知されるからなんだよね。


みんな発表がギリギリだなんだ言ってたり、実際に大変な人たちいっぱいいると思うけど、昭和の終わりはもっと湿っぽかったし、こんなにお祭りムードじゃなかったんだよね。そういう視点から、のんきに「平成最後の」とか言えるわけですよ。良かった良かった。

昭和から平成、そして令和へ。僕が小さい頃3つの時代を生き抜いていた人はとてもご高齢の方が多かったので、なんか不思議。これからは若者に対して由緒正しく昭和マウントを繰り広げて行きたいと思います。このエントリを書いてる際のBGMはフジテレビのスペシャル番組「名曲お宝音楽祭」。後半は平成よりも昭和歌謡の名曲ばかりで、4:3の映像を観ながら、なんだか「昭和の終わりかな」という情緒を感じました。

令和もよろしくお願いします。

2018年もラーメンとアイスを美味しくいただきました。

ラーメンとアイスを食べる生活


2018年もそろそろ終わろうとしてます。みなさんは終わりですか?(12月は小林銅蟲先生がパルを毎日更新してたので、文体が引っ張られます)

今年の年末は過去最長の休暇をいただいたので、ものすごくゆっくりとした時間を過ごしています。ワイフと子供たちとこんなに一緒の時間を過ごしたのは初めてかも知れないってくらいに。ここ十数年の時間の使い方を内省しつつも、まあそれはそれとして、年末に意識高くブログ書くつもりはないので、今年食べたラーメンとアイスの振り返りを行いたいと思います。僕、ラーメンとアイスが大好きなんです。

過去記事はこちらから。

こんなエントリも。

BGMは今年やっと契約したApple Musicから流れるBOOWYのアルバム「MORAL」でお送りしてます。今さっきBOOWYが入ってることに気がつきました。

ラーメンは90杯くらい食べました

さて、僕が今回「ラーメンを食べた」と定義するのは下記の麺。

です。割と広義ですね。90杯「くらい」、というのはたまーに写真を撮り忘れててカウントできてないものが数杯はあるので、ざっくりそのくらいというイメージです。

ここ4年の推移です。
2015年 95杯(くらい)
2016年 85杯(くらい)
2017年 97杯(くらい)
2018年 90杯(くらい)
なんていうか、順当ですね。ただ、今年は内訳が違っていて、お店で食べる回数が減ってます。健康診断の結果が中性脂肪やらコレステロールやら少しだけ数値が上がっていてお医者さんから「太らなければ大丈夫!」って言われたものの、なんとなく、なんとなくですよ、少しだけ回数が減りました。あとは転職ですね。新しいオフィスの最寄り駅にはラーメン屋がないんだよなあ(悲しみ)。

でも杯数が減ってないのは、転職時にたくさんのインスタント麺をいただいたから、ですね。これ全部美味しい。あと3つくらい残ってる。


2018年の一杯をピックアップしていきます

「春日亭」の油そば。海老辛?的なやつホント美味しい。

大阪にある「燃えよ麺助」に出張ついでに。すごく美味しい。オペレーションも店の雰囲気もなんか普通のラーメン屋とは一線を画してる。

「麺屋こころ」の台湾まぜそば。これも美味しいんですよねー。何回も食べちゃう。

横浜の「萬珍樓」で冷やし中華を食べたら超美味しかった。

板橋本町にある「慶次郎」は今年一番行ったかも。美味しいんです。

当初目的では無かったんだけど、目当ての店が休みだったことにより入った東中野の「Kinari」がとても美味しかったです。

僕は無化調のラーメンってそんなに好きじゃないんですが、これは美味しかった。「アイオイ」の煮干し最高。

最後は移動に4時間、現場で3時間の待ち時間の末に食した福島の「とら食堂」。待つだけの価値があった。2018年至高の一杯です。マジで美味しかった。

アイスは235個くらい食べました

アイスも割と広義で、

  • アイス
  • ソフトクリーム
  • アイスが乗っている何か
  • かき氷

など。

そして食べている個数の推移なんですが、
2015年 270個(くらい)
2016年 270個(くらい)
2017年 290個(くらい)
2018年 235個(くらい)
激減してる、、

これも前述のラーメンと同じで、なんとなく、なんとなくですよ(しつこい)、健康診断の結果を気にして(ゴニョゴニョ)。まあ僕もいい年齢なので、最低限健康には気を使うってことですかね。それでも235個くらい食べてるのでふざけんなって話だとは思いますけども。

2018年の一個をピックアップしていきます

「kiri」のストロベリー。kiriはハズレが無いので、条件反射で買います。本当に美味しい。

ガリガリ君」の黒みつきなこもち。ガリガリ君の新味って侮れない。めちゃ美味しかったです。

ミニストップのソフトクリームはワイフと散歩に行ったら食べます。美味しいなあ。

マックフルーリーブラックサンダーを家族で食べました。とても美味しい。

「TULLYS」のアイス美味しいんですよ。

アイス専用のスプーンをプレゼントでいただきました。「ハーゲンダッツ」の期間限定スイートポテトのタルトも美味しかったー。

中野のデイリーチコでソフトクリーム。懐かしい味でとても美味しい。

台湾旅行に行きました。コンビニでなんかよくわからないアイス食べたよ。美味しかった。

「やわもち」のストロベリーチーズ超美味しい。

2019年もラーメンとアイスを美味しく食べていく

2018年はラーメン一杯を食べるために、アイス一つを食べるために割と遠征しました。これを食べるんだ!という飢餓感はとてもいいもので、来年も遠征をしていきたいと思います。

よかったですね。(パル)

#麺をいただきます
#アイスをいただきます

ネタバレへの寛容さとセルフ期待値コントロール

ネタバレ不可避の世の中

OMG!
twitterにしろfacebookにしろ、僕のTLはとてつもなく意識の高いnote(ここでいうnoteはnote.muで投稿されている文章やクリエイティブを指す)であふれかえってる。よーし、僕も一発いい感じの意識高いnote投稿しちゃうかな、なんて思ったけどマジなやつは時間かかるし、思いつくネタはブログや増田(はてな匿名ダイアリーの通称)で書けよ的なものばかりだった。

なもんで、本当にどうでもいいブログっぽいものをはてなブログに投下することに決めた。電車で移動してる隙間時間に。

ネタバレは悪なのか?

以前にこんな記事を見ました。
ネタバレに関する討論。楽しそう。

最初に結論を言っておくと、僕はネタバレどうでもいいです。自分で見聞きしたらいいじゃん、って思うし、ネタバレで興味なくなるならまあそんなもんだよね、と。で、なんでこんなこと思ったかというと、「ブログ書こうかなー」「オーシャンズ8観たし、感想でも書こうかな」って思った時、ネタバレを書かずに感想を書ききる自信が無かったからです。豪快にネタバレ書いたらインターネット不寛容マンが出てくる。僕はリアルでもネットでも敵を作らないことを信条としてます。まあ、敵を作るほど影響力はないけどね(笑

閑話休題

現代はインターネット登場以前と比べて、情報に触れないようにすることが難しい(特に東京は)。まずスマホ。生活習慣のようにSNSのアイコンをタップしてる。ニュースアプリもそうだし、大抵のものはご丁寧に通知してくる。運良く、家にスマホを忘れたとしましょう。同僚はリアルタイムで知った情報を大きな声で話しかけてきます。そこまでして知りたくない情報ってあるのだろうか?多分ワールドカップの勝敗なんてそれにあたるんでしょうね。

前述しましたが、僕個人はどうでもいいです。そういう人がいる、という事実に対して「なんでなのかなー?」って思ってるだけで。

人は無意識に設定した期待値に感情を上下させる

完全なる主観ではありますが、大抵のことはこういうことなんじゃないかなと。予測や期待、それを事前に知ってしまうことによりそのコントロールができなくなる。それがイヤなんだろうなー。面白いのか、面白くないのか、勝つのか、負けるのか、どんなオチなのか、なにが盛り上がりポイントなのか。自分でなんとなく思ってること、その期待を超えて欲しい、満足したい、でもその期待値が上書きされてしまうとイライラしちゃう。でも、事前に調べたりもしちゃうし、偶然見聞きしてしまう可能性も高い。これは大変ですよね。

なので、僕は常に自分で期待値コントロールをします。たまたま知ってしまった、これから知るはずだった事実に対して、自分の期待値を一定にすることを意識します。自分の目と耳で判断できるように。僕は僕の幸せのために寛容に生きたい。みんなが同じ気持ちだったらいいよね。

(本エントリは今後ありえないレベルのネタバレエントリをアップした際のいいわけに使っていくために書いたので、みなさん寛容に温かい気持ちで包んでいただければこれ幸いにて候)